どんな業者がいい

>

注意点は何か

どんな詐欺が来るか

リフォーム依頼を設けた業者から詐欺を持ち込んでくる可能性は無きしもあらず、気づかないままでお金を奪われることが多いのかもしれません。
欠陥住宅になりかねないような家をわざと建ててしまい、他の建築会社から施工費としてのお金を奪おうとしている詐欺も多くあります。
特に水まわりや配管工に多くターゲットをしている方が多いので、きちんとリフォーム施工をしているか確認を行いましょう。
もし怪しいと思ったら、警察ではなく公的な相談機関、つまり弁護士が一番いいかもしれません。
彼らの人脈により一流建築士からあなたの家のリフォーム施工でのトラブルを守ってくれるようにしてくれています。
疑いすぎかもしれませんがそれでもあなたの家を守るためなのです。

自分ができること

まず、これからリフォームをするというのであれば、必ず弁護士や一流建築士などにすぐ相談できるようにパイプラインを確保しておくこと、それが一番大事なのです。
こうして自分の守りをしっかり固めておき、しっかりと業者にコミュニケーションを取れるように話をきちんと聞いておくことです。
そしてしっかりと自分の要望を伝え、相手から持ち出すうまい話などに気をつけてかわすようにしておいてください。
こうすることで最低限の被害は防げるようになり、どんな詐欺が来ても対策が練れるようになれるでしょう。
しっかりと見落としがちな水回り、軒下の中を一流建築士にも確認してもらい、大丈夫な状態でいられるようにしておきましょう。
これで完璧です。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑